お中元といえば、日持ちがすることからハムなどの加工肉を選ぶのが一般的ですが、家族で楽しむなら焼き肉といったお肉もアリ。

ショップサイトでも、いろんなお肉の取り扱いをするところが登場しています。

でも、お肉の部位って、よくわかりませんよね…。

というわけで、このページでは、牛肉で焼肉などによく登場する部位を簡単に調べてみました。お肉を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

うで系

牛 肩系のお肉

うで(肩)

ゼラチン質が多く、赤身で旨みが濃いのが特長。ミスジ(肩甲骨から下の部分)といった上質で希少な部位もここに含まれます。

ロース系

牛 ロース系のお肉

肩ロース

リブロースの前の部分から「うで」を除いた肩の部位です。きめ細やかな肉質が特長。霜降りのやわらかい赤身肉で、焼いて食べるのがおすすめ。

リブロース

サーロインの隣にある部位です。肉の風味が濃厚で、適度な脂肪分があり旨みが多いのが特長。お肉の味をしっかり味わいたい人におすすめ。

サーロイン

ご存じ最高級品とされる部位です。リブロースの隣にある部位で、やわらかくて甘みがあり霜降りが多いのが特長。ステーキ肉として有名ですが焼き肉も人気があります。

ヘレ

サーロインのそばにある部位で、肉質はやわらか。脂身が少ないので淡白な味わいが特長です。1頭の牛からわずかしか取れない高級部位の1つです。鉄分が豊富なので、女性におすすめ。

バラ系

牛 バラ系のお肉

バラ

胸から腹にかけて続く部位で肋骨についたお肉です。カルビとも呼ばれ、脂に旨みがある部位です。

第1~6肋骨の部分を三角形に切った形を「三角バラ」といい、さしが入っていちばんおいしい部分とされています。上~特上カルビと呼ばれます。

ヘレ肉の近くには、カイノミ(わき腹あたりにある貝のような形をしている部位)といった上質で希少な部位があります。

モモ系

牛 モモ系のお肉

モモ

後ろ足の付け根部分で脂肪が少ないのが特徴です。きめがやや粗い部位ですが、モモの内側は肉質が均一でやわらか。

一方、モモの外側は内側と同じく赤身で脂肪が少ないのですが、よく動かす部位なので、肉質はきめが粗く硬めでしっかりしています。

ランプ

サーロインから続いて腰・お尻にかけてとれる大きな赤身部分です。肉のきめは細かく、やわらかで旨みがありジューシー。刺身やユッケにも使われる部分です。

いかがでしょう? 部位によってけっこう特徴がありますよね。当ブログではハム以外にもお肉のサマーギフトも掲載しているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

当ブログの肉・ハム関連記事はこちら⇒肉・ハム一覧