夏ギフトで利用されるお肉メニューの中でも、ちょっと上質なイメージで贈るならローストビーフがおすすめ。牛肉の塊を焼いて、食べる時に薄く切って頂くイギリスの伝統的な家庭料理です。

アメリカの家庭では、クリスマスの食卓に欠かせないご馳走メニューの1つです。

お中元におすすめ 特選黒毛和牛ローストビーフ300g

量は300gくらい3~4人前目安となります。

1日限定200食と限定数のある販売ですが、ネット通販ならではの特別価格5,000円(税抜)で利用することができるローストビーフです。

ショップサイト⇒特撰黒毛和牛ローストビーフ300g

ギフトお届けはやはり専門店の取り扱いが安心

たわら屋は、すべて黒毛和牛にこだわったローストビーフギフト専門のお店なので、安心してギフト利用ができるショップサイトの1つです。

お取り寄せネットでも、ベストギフトアワード2015で大賞を受賞。お取り寄せの達人や審査員の人たちが「もらったら絶対嬉しい」として選ばれた一品なんですよ。

ギフト扱いの際は、通販ではついノーマークになってしまう「納品書」や「カタログ」といった値段のわかるものは同封されていないので安心です。

そして、のしサービスは無料で取り扱ってもらえます。

備考欄に「礼式用語」で指定して、「贈り主」などの記入をすれば、お肉のトレイにのしをかけて、たわら屋オリジナルの包装紙に包んで発送してもらえます。

誕生日などの場合は、メッセージカードの代筆もしてくれるんですよ。年配の方で、「カードや手紙類はやはり直筆のものがいい」といった方には喜んでもらえそうです。

反対に、のし紙などの指定がなければ、自宅外のお届けであっても簡易包装の取り扱いになってしまうので、この点は要注意です。

専門店のこだわり おいしいお肉をおいしく調理、お届けもおいしい状態でお届け

たわら屋で取り扱うお肉は、全てこだわりの黒毛和牛です。なぜならそれは、食用のために育てた「肉牛」だから。しかもオスより肉に甘みが多く、よりコクのあるメスだけを仕入れて加工されています。

国産牛は乳牛として育てられているものなので、どうしてもおいしいローストビーフにはならないというわけですね。

また、黒毛和牛といってもいろんなブランドがあって、素人では判断しにくいところがありますが、たわら屋では静岡の「静岡そだち」をはじめとした日本三大和牛を取り扱っているので安心ですよ。

「静岡そだち」というブランドはあまりなじみがない方がいらっしゃるかもしれませんが、静岡県内の指定農場でじっくりと愛情をかけて育てられた黒毛和種雌牛で、肉質等級3等級以上に格付けされたものにのみに冠することを許されるブランド牛です。

黒毛和種雌牛ならではの「きめ細かでやわらかな肉質」と、「口どけのいい甘みのある脂肪」が楽しめるのが特長です。

たわら屋のローストビーフは、こうしたこだわりのブランド牛を使い、60度~70度の低温でじっくり焼き上げているので、凝縮したお肉のうまみを味わうことができます。

また、「ミスジ」や「イチボ」、「とも三角」といった希少なお肉でローストビーフがいただけるのも専門店ならでは。

お肉のおいしさを余すことなく頂く、ちょっと特別な贈り物にすることができます。

(参考)どれを選ぶ? お中元に出てくるお肉の部位豆知識

お届け時はこの点に注意

ただ、複数の注文を考えている人は要注意です。

というのも、たわら屋は同梱配送不可だから。そして、一度の注文で複数の配送先を設定するといったサービスはありません。すべて別々の配送として注文する必要があります。

※企業、法人向けの受付は、個人利用とは別の受付窓口があります

たわら屋は注文を受けてからローストビーフを作るスタイルなので、こうしたことが影響しているのかもしれませんね。

もちろん、これだけのこだわりで仕上げられているお肉なので、ジューシーな味わいが楽しめるのが特長になっています。

このため、注文を受けてからお届けまでに4日~1週間ほどかかるので、この点も要注意です。

実際のお届けはこんなイメージ

お届けは真空パックで届けられるので、食べる時まで冷蔵(4度以下)で約1週間の保存が可能です。

頂く時は、真空パックのまま湯せんで5分あたためればOK。特製ソース付きなので、届いてすぐに楽しむことができます。

余った場合はラップでくるんで冷蔵庫に保管してなるべく早くいただきますが、おいしい食べ方を紹介するリーフレットが付いているので、持て余して困るといったことはなさそうです。

8,000円以上の商品になると、高級感のある特製の木箱に入って届けてもらえるのもうれしいポイントです。

ショップサイト⇒ローストビーフ通販 ギフトのたわら屋